Personal GYM
WARRIOR

姿勢は1か月で
むくみは1週間で解消

ダイエットを失敗させる「お悩みランキング」


いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

府中パーソナルジムWARRIORの横山です!

 

現在、WARRIORへカウンセリングにお越しになられるお客様20歳〜60歳の過去のダイエット経験にまつわるお悩みランキングを公開したいと思います!

過去にダイエットを1度でも行ったことのあるお客様は多く見られます。

ですが、実際にダイエットを行ってみても「あれ、困ったな〜」と感じるポイントはいくつかありますよね。

私も大幅なダイエット経験者なので悩む気持ちは痛いほど分かります。

それでは、気になるランキングと内容をご覧ください!

 

 

第3位

『体重は減っているが見た目に変化がない』

 

ダイエットを始めてみたものの、見た目に変化がなくモチベーションが保てなくなりダイエットを辞めてしまうとお困りの方はいませんか?

体重よりも見た目を重視しているのに、変化がないと継続できなくなりますよね。

もちろん見た目の変化というのはすぐには現れてきませんが、間違った情報でダイエットを行っていてはいつまで経っても変化しません、、、

一方で、変化していることに自身で気づけていないパターンもよく見受けられます。

ダイエットを始める前に、体重測定はもちろん、ウエストや気になる部位をしっかり測っておくと良いですね!

体型をいろんな角度から撮っておくことも大切です。

 

 

第2位

『とにかくストレス』

 

これは私自身も過去に感じていた事です。

ストレスを感じていると、交感神経が優位に働き、お腹は減っていなくても食べたい欲が出てきます。

食事が乱れればリバウンドし、更にストレスが溜まります。

しかし、自律神経を整えてストレスを感じないようにするための方法として食事を正すことが必要ですのでやけ食いは禁物です。

食べる時は食べる、節制する時は節制すると切り替えを重視し、食事以外のストレス発散行動を見つけておきましょう。

 

 

第1位

『自らダイエットを行って、ある一定のところまでは落ちるが、それからが落ちない』

 

ダイエットを始めて、最初は順調に体重が減っていたのに急に減らなくなった。

食事は変えていないのに。運動もしているのに。なぜ?と思われている方は多いのではないでしょうか。

それは『ダイエットの停滞期』かもしれません。

ダイエットの停滞期がくる大きな理由の一つとして、代謝が下がりきっている可能性があります。

しかし、ダイエットはやり方次第で停滞期がやってこないまま、目標の体重まで落とすことができます。

また、停滞期が来た時の脱出方法はたくさんあります。

私から言えることは、メディアや書店にあるダイエット食が記載された本などは、あまり鵜呑みにしない方が良いです。

例えば、低脂質ダイエットご飯と書かれていても、栄養素を見ればダイエットが出来る脂質量ではない。などです!

もちろん実践することは素晴らしいことですね!

十人十色ですが、正しい情報かどうかを見極めて、ダイエットを成功させましょう!

 

 

Personal GYM WARRIOR|横山 侑

2ndPASS 認定プロボディーデザイナー。大分トリニータ Jr.ユース、2ndPASSパーソナルトレーナー養成学校卒業、消防士として5年間勤務。トレーニング歴10年。
WARRIORにはマニュアルがなく、お客様一人一人の個性に合わせたオーダーメイドプログラムを提案いたします。最短2ヶ月間で目標を達成するプログラムもあり、カウンセリング時にお客様からお悩みをしっかり伺った上で共にプランを組んでいきます。人生最後のダイエットに、私と挑戦してみませんか?