Personal GYM
WARRIOR

姿勢は1か月で
むくみは1週間で解消

【脂質制限】健康・美容のためにも摂取した方が良い脂質について

こんにちは!

Personal Gym WARRIORトレーナーの竹内です!

ボディメイクをしていく上で、脂質はなんとなく悪いという印象があると思いますが、そんな脂質についてお話ししていきます。

【脂質とは】

脂質とは、三大栄養素の一つです。

人のカラダはほとんどが、炭水化物(C)、脂質(F)、タンパク質(P)の3つの栄養素から成り立っています。

これらの栄養素をバランスよく摂取することが、健康の基本となります。

また、脂質は体を動かすエネルギー源になったり、脂溶性ビタミンの吸収を助けたり、ホルモンや細胞膜の材料になったりと、健康や美容のために大切な働きを持っています。良質な脂質をしっかり見極めて、積極的に摂ることが日々の健康や美容のためにもおすすめです。

【脂質が悪いと言われる原因】

結論から言うと脂質全般が悪いと言うわけではありません。

また、ダイエット中は、みなさんカロリーに目が行きがちですが、カロリーよりもそれらを構成する三大栄養素(PFCバランス)を意識する必要があります。

炭水化物(C)、脂質(F)、タンパク質(P)のそれぞれの何g摂取したかが分かれば全体でどのくらいのカロリーを摂取したのか計算することも可能です。

炭水化物(C)は、1gあたり4kcal

脂質(F)は、1gあたり9kcal

タンパク質(P)は、1gあたり4kcal

食品パッケージのエネルギー欄には、それぞれの栄養成分の含有量(g)にこれらのエネルギー量(kcal)を掛けて合計した数値が表示されます。

脂質は1gあたりのカロリーが高いので、意識して制限するだけでもカロリーカットに繋がるため実践する方は多いです。

揚げ物やマヨネーズなど、脂質の過剰摂取は摂取エネルギーを増やし、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ることで太る原因となります。

【むしろ摂取した方が良い脂質】

先程までの話だと、脂質は悪者そんな印象をもたれた方もいるかと思います。

しかし、ダイエットや筋トレには、良質な脂質がとても重要なんです!

良質な脂質と呼ばれているのは、DHAEPAなどの「オメガ3系脂肪酸」や、MCTオイルなどの「中鎖脂肪酸」など。オメガ3系脂肪酸は体内で作ることができないため、食事などで摂る必要がある脂質です。

サバやイワシなどの青魚、アボカドやくるみなど、オリーブオイル、MCTオイルなどもおすすめです。中鎖脂肪酸は一般的な油と比べてエネルギーになりやすく、脂肪として蓄積されにくいです。

「良質な脂質」と言われる脂質と、そうでない脂質との違いは、太りやすさです。 一般的な脂質は摂りすぎると中性脂肪や悪玉コレステロールを増やし、肥満や生活習慣病などのリスクが高まるので注意が必要ですが、「良質な脂質」と言われる脂質は、エネルギーとして消費されやすかったり、悪玉コレステロールを増やさず、中性脂肪を減らす働きがあるので、太りにくいのが特徴。そのため、ダイエット中でも積極的に摂りたい脂質なのです。

【まとめ】

脂質は体に必要な栄養素です。特に良質な脂質は、脂肪の燃焼をサポートしたり、体を動かすエネルギーになったり、血液をサラサラにしてくれたりと、体に嬉しい働きがたくさんあります。脂肪として蓄積されにくいから太りにくく、ダイエットや筋トレの効率アップにもつながります。

これを機に食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▪︎WARRIORのインスタグラム

https://instagram.com/personal_gym_warrior

▪︎WARRIORHP

https://www.warrior-personalgym.com

_____________________________________

パーソナルジム ウォーリアー [府中]

183-0056

東京都府中市寿町1丁目4-17 府中寿ビル501

(府中駅徒歩1)

各種問い合わせについては、

プロフィール画面に記載のHPをご覧下さい(^^)

_____________________________________

Personal GYM WARRIOR|竹内 優雅

ベストボディジャパン2019準優勝。元医療従事者。トレーニング歴9年。
私はコンプレックスを改善するために筋トレを始めました。理想の体に近づくに連れ、自己肯定感が高まり、人生が豊かになったと感じています。WARRIORで出逢うお客様が、パーソナルトレーニングで、美しいお身体を作り上げ、心身共に健康な人生を歩んで欲しいと心から願っております!
まずは、お悩み相談からでも構いません。勇気を出して、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?