Personal GYM WARRIOR
府中店・東府中店

姿勢は1か月で
むくみは1週間で解消

皆さんこんにちは!

府中/パーソナルジムWARRIORの岡野です。


早速ですが、皆さんに簡単な問題です!

下記の番号の調理方法を、左から順にヘルシーな調理方法に並べ替えてみてください。


①焼く②揚げる③茹でる④蒸す

正解は、

③茹でる→④蒸す→①焼く→②揚げるでした!


意外と分からなかった方もいるのではないでしょうか!?

そして、皆さんは普段どのような調理方法でお料理をされていますか??


今回は題名にある通り、ダイエット向けの調理方法をご紹介させていただきます!

まず、ダイエット中は消費カロリーが、摂取カロリーを上回る事が大切です。


※そこで重要なのが脂質を摂り過ぎない事です!


タンパク質、炭水化物が1g→4kcalに対し、脂質は1g→9kcalと約2倍ほどのカロリーがありますので、脂が多い食事は高カロリーで太る原因となる事が多いです。

しかし、同じ食材でも調理方法を工夫することによって脂質量を減らす事ができます!

【調理方法を変えることでヘルシーに!】

▪️茹でる

大幅に脂質を減らす事ができます!


▪️蒸す

調理で油を使用しないので、脂質の摂り過ぎを防ぐ事ができます!

ですが、食材自体の脂質を減らすことは期待できません。


▪️焼く

油を使用する事が多いので、脂質が高くなりがちです。なるべく使う油を少なく意識していきましょう。


▪️揚げる

油を使用するので高カロリーになります。高温でサッと揚げるようにしましょう。

一般的に衣が分厚いほうが油を吸う事になり脂質が高くなります。パン粉などは細かいものを使用するのがお勧めです!

【オススメかさ増しテクニック】

ダイエット中は食べる量が少ないので、なにか物足りなさを感じると思います。

そのような場合は、カロリーが少ないものを追加して量を増すのがお勧めです!


▪️お勧めの食材

野菜類・・野菜は基本的にカロリーが少ないので、量増しにはお勧めです!

ですが、さつまいも、じゃがいも、かぼちゃなどの根菜類は少しカロリーが高いので、量には注意が必要です。


しらたき・・パスタなどの麺類に混ぜてあげるのがお勧めです!

100gあたりカロリーが7kcalとダイエットにはもってこいの食材です。


豆腐・・タンパク質が多く含まれており、満腹感も高く、カロリーも低いため優秀です。


▪️噛みごたえのある食材を入れる

よく噛んで食べると唾液が分泌され、血糖値が上昇し満腹中枢が刺激されるため、食べ過ぎを防ぐことが可能です!

【最後に】

いかがだったでしょうか。

私も減量中は野菜を沢山摂って、満足感を得ています笑

是非、皆様も調理方法を変えたり、かさ増しテクニックを試してみてください!

今回紹介した食材以外にも、かさ増し食材は沢山ありますので、自分に合った食材が見つけられると理想的です!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!